フリーランスエンジニアに転職。成功させるために必要なこと

フリーランス IT転職

会社から飛び出したい、自分らしい働き方がしたい人におすすめなのがフリーランスという働き方です。

しかしフリーランスにもメリットとデメリットがあります。

あとから「こんなことなら転職しなければよかった」とならないよう、しっかりとした知識と情報を身につけたうえで就職活動に臨みましょう。

フリーランスエンジニアのメリット

フリーランスの働き方はとにかく自由で多様性があります。

正社員のように一日中会社に勤務する必要はありません。自宅でも海外でも自由な場所で仕事ができるのが一番の魅力です。

また技術力があれば高額案件を獲得できるチャンスも多く、正社員よりも稼げる可能性があります。

自分の力で稼ぎたい、ワークバランスを重視したいという人におすすめです。

フリーランスエンジニア のデメリット

企業に属していない分、収入が不安定になる傾向があります。

また基本的に社会保障も恵まれていません

正社員なら社会保険や傷病手当、厚生年金など手厚い保障がありますが、フリーランスにはありません。

また税金の計算、申告も自分でする必要があります。

フリーランスとは自営業であり、自分ひとりに責任がかかってくる働き方なのです。

しかしそんなフリーランスエンジニアのデメリットに目をむけて、フォローしてくれる転職エージェントが最近多くなりました。

【重要】フリーランスの支援をしてくれる転職エージェントで負担を少なくしよう

握手

フリーランスは欠点も多くありますが、フリーランスエンジニアに特化した転職エージェントを使えば、収入も生活も安定します。

転職エージェントは企業とのマッチングだけでなく、エンジニアへの支援も多く行っているのです。

例えば人間ドックの割引があったり、事務処理や会計支援のサービスが用意されていたります。

また社会保障面でも、正社員と同等の保険を用意してくれる、共済制度があるなど生活面で嬉しいサービスが充実しています。

フリーランスをめざすならぜひフリーランス専門の転職サイトを活用しましょう。

フリーランスエンジニアの働き方はさまざま

一言でフリーランスといってもいろいろな働き方があります。

完全在宅で自宅が職場というスタイルもあれば、企業に出向いてプロジェクトが完成するまで常駐するスタイルもあります。

週に数回、クライアントの企業で打ち合わせをしてあとは自宅で作業する自由度の高い働き方も考えられますね。

ただ都市部の方が大きな企業が密集しているので、地方に住んでいる人の方がチャンスが少ない傾向はあります。

ITフリーランスに転職したいと思ったらまずはじめること

一番最初に考えなくてはいけないのは、お金のことです。

フリーランスは月に一定額のお給料があるわけではないので、生活が安定するまで時間がかかります。

最低でも生活費3ヶ月分ぐらいの用意は必要になってくるでしょう。

ただそうはいっても、すぐにでもフリーランスになりたいケースもあるかと思います。

その場合はITフリーランス専門の転職エージェントを使って次の仕事が決まってから転職に踏みきるとスムーズに移行できます

思いきりがつかないなら副業エンジニアからはじめるとリスクが少ない

転職エージェントや転職サイトを活用しても、フリーランスに二の足を踏んでしまうことがあるかもしれません。

転職は失敗できない大きな選択です。当然のことです。

そんな時は副業エンジニアとして収入アップを目指すことをおすすめします。

現代ではランサーズやクラウドワークスなどをはじめ、クラウドソーシングのような副業サイトはたくさんあります。

なかでもプログラミングやシステム開発の業務をメインにした副業サイトはプログラマーやエンジニアに人気があります。

フリーランスとしての疑似体験ができる上、お金も稼げるので一石二鳥です。