スケキヨの死にざまがえぐい。その正体から元ネタ、あらすじまで

スケキヨ エンタメ

あの無機質な白いマスクと手袋、黒く塗った目の周り。

そうスケキヨです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Okadashさん(@newtype002)がシェアした投稿

コワい!!

めちゃめちゃ怖いんですけど。

でもスケキヨの元ネタっていったい何なのか?

そして、どうしてこんなにみんなに広まったのか?

今回はスケキヨの疑問と人気の真相に迫ります。

スケキヨの元ネタは犬神家の一族。凄惨な事件が舞台

スケキヨの元ネタは犬神家の一族です。

なんとなく名前は聞いたことがあると言われる方も多いのではないでしょうか。

横溝正史原作で、名探偵・金田一耕助が地方で起きる凄惨な事件を解決する推理小説です。

【犬神家の一族のあらすじ】

旧家の名士犬神佐兵衛の遺言状が公開されるが、莫大な遺産の相続者は佐兵衛の恩師の孫娘である野々宮珠世と結婚した者と記されていた。

佐兵衛の孫にあたる3人の男はそれぞれ珠世を我が物にしようと企むのだが、やがてそれは呪われた殺人事件へと変貌していく。

事件解決の依頼を受けた名探偵・金田一耕助は犬神家に関わるすべての人々の調査を開始するのだが、殺人事件はまだ終わらなかった……。

出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=87901

 

映画では石坂浩二さんが、テレビでは古谷一行さんが金田一耕助を演じています。

スケキヨが有名になったのは映画版です。

不気味な事件をより混乱させ、不気味にしたスケキヨの存在がかなりインパクトがありました。

【犬神家の一族(1976年)の予告】

犬神家の一族(1976)

スケキヨは実はスケキヨじゃなかった?!

※この章では犬神家の一族のネタバレが一部含まれます。

「スケキヨがスケキヨじゃない?何を言ってるんだ」

と言われてしまいそうですが、あのスケキヨの本当の名前は『青沼静馬』です。

青沼静馬はお金持ちの父親が、老いてから浮気して作った息子なのです。

しかし他の妾の息子のスケキヨと入れ替わったために、ずーっと「スケキヨ」と呼ばれていました。

そしてただでさえ白いマスクが無機質で怖いのにその殺され方が

デデン!!

犬神家の一族

インパクト強すぎ

そのためか、「スケキヨ」で定着して、いろいろなところでパロティが繰り広げられることになりました。

スケキヨのパロティはおもしろすぎ。自分も参加したいレベル

ガキの使いやあらへんでの「笑ってはいけない科学博士24時」で、板尾さんがスケキヨのマスクをして登場した回ぐらいから、また人気がぶり返してきました。

今ではTシャツやグッズが作られたり、みんながマネしています。

スケキヨのグッズやパロティを紹介

スケキヨTシャツかっこいいー!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Toki Sasakiさん(@tocynics)がシェアした投稿

 

マスクも普通に売ってるんですね。欲しいような欲しくないような…。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

駄菓子BAR ネバーラン堂(布施)さん(@neverlandou)がシェアした投稿

 

えっ?!ちょ、待ってwスケキヨのアイストレー欲しいんですけどw

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mikibomさん(@mikimilk0312)がシェアした投稿

 

中華にスケキヨはまずいっしょww

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sachie Nakayamaさん(@sachi_coco_)がシェアした投稿

 

いやそれもっとマズイでしょwwww

朝ごはん食べられなくなるってば。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

うみねこ社さん(@uminekosya)がシェアした投稿

 

いや、それスケキヨもう全然関係ないからw

にぼし刺さってるだけだから!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

#グータラ3さん(@gutara3)がシェアした投稿

 

?!!!

雑い、そして怖い、でも作った人は天才!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

猫山アイス洋品店さん(@necoyama_ice_shop)がシェアした投稿

スケキヨの元ネタからあらすじまで・まとめ

この1976年公開の犬神家の一族は「日本映画の金字塔」と呼ばれるほどの名作です。

ピリピリとした雰囲気や、昔のしきたりに縛られた人達の憎悪、

そしてスケキヨのインパクトは壮絶な印象を与えます。

まだ映画のスケキヨを見たことがない人は、ぜひ本物を見てみてください。

新しい驚きがあるはずです。