【2018年】バリ島に持って行くベストアイテムはこれ!経験者がアドバイス

バリ島 旅行の荷物

気軽にいけるリゾート地、バリ島。

ハネムーンや家族旅行に行くのにちょうどいい距離で、現在とても人気があります。

ただ日本の気候とちがい、雨季や乾季があるために何を持っていったらいいか迷う人も多いです。

今回は長期滞在したこともあるバリ島が大好きな、バリ島マニアの人何を持っていくのがいいか持ち物について聞いてみました。

バリ島にこれだけは持っていきたいもの

比較的安値でなんでもそろうので、パスポートとクレジットカードさえあればなんとかなります。

手軽に行けてしまうのがバリ島のいいところです。

パスポートと海外旅行保険とコピー

パスポート

絶対に持っていかなくてはいけないのがパスポートです。

ビザは30日以内の滞在なら免除されているので、短期の旅行の場合は必要ありません。

「海外旅行保険なんていらないんじゃない?」と思うかもしれませんが日本のように保険はきかず病院に行くと高額の医療費がかかってしまいます

またパスポートと海外旅行保険の証書のコピーは必ずもっていくようにしましょう。

パスポートを紛失した時にコピーがあると再発行がスムーズになります。また病気になった時は海外旅行保険のコピーがあればすぐに連絡ができます。

バリ島は気候が暖かく食べ物が腐りやすいし、水や油があわずに腹痛を起こすことがよくあります。短い期間の滞在だと油断せずに海外旅行保険はかけておいた方がいいです。

クレジットカード

パスポート

何かあった時のために一枚はクレジットカードをもって行きましょう。

バリ島は凶悪な犯罪こそないものの、スリや強盗はよくあります。

あまり手元に現金をもたず、カードで支払った方がスムーズです。またもしもの時は身分証の役割も果たしてくれます。

とはいえ、やっぱり「クレジットカードは持ちたくない」と思う人もいますよね。

そんな人におすすめなのが「デビットカード」です。

デビットカードで支払いをすると即自分の口座から引き落とされるので、安心して使うことができます。

私がバリ島で腹痛になった時にホームドクターを呼んでもらったのですが、診る前に「クレジットカードの番号を教えてくれ」といわれました。ゲンキンな気はしますが医療保険が発達してない海外ではこういうことよくあるのです。

ティッシュペーパー・ウェットティッシュ

ティッシュ

バリ島では田舎の方に行くとまだまだトイレが整っていない場所がたくさんあります。

とっても困ることになるのでティッシュぺーパーだけは忘れないようにしましょう

なんならトイレットペーパーの芯を抜いて、平たく折ってバッグに入れて置いてもかまいません。

あとウエットティッシュも衛生面ではまだまだ整っていないためよく使います。

言わずとしれたマストアイテム。バリ島を含め東南アジアは、観光地でトイレに紙がないことは普通にあります。必ず持って行きましょう。

胃腸薬・整腸剤

薬

バリ島は旅行に行くと胃腸を悪くしてしまうことが多くあります。

まず水道の水は飲めないので歯を磨くときもミネラルウォーターです。飲まないといっても、いつの間にかお風呂などで体に入ってきてます。

あと脂っこいものが多く、ただでさえ旅行の移動で身体に負担がかかっているのに、よけいに胃腸に負荷をかけてしまいます。

胃腸薬や整腸剤は持っていった方がラクなので、お守り代わりにカバンにいれておきましょう。

旅行はどうしても体調を崩しやすくなります。到着して一日目はあまりイベントをいれずのんびり過ごした方がいいですね。

日焼け止め

日焼け止め

バリ島は日本より暑い!一年中常夏です。

海や山のアクティビリティも多いので日焼け止めは忘れずに持っていきましょう。

現地に行ってから購入してもいいんですけど、バリ島の化粧品はイマイチなんですよね。それに肌に合うとわかっているものの方が安心ですよ。

長袖のはおる物

パーカー

バリ島は雨季と乾季があって、どちらも日中は暑いものの夜は寒くなるため羽織るものは必ず必要です。

薄手のパーカーかカーデガンをもっていきましょう。

もちろん現地で購入してもよいのですが、生地に虫がついてることがあるんですよね。なので新品でも洗ってから着ないとダメなんです。ちょっと面倒くさいですよね。

バリ島にできたら持っていきたいもの

マスク

観光地になると人が多いので、できたらもって行きたいもののひとつ。

特に飛行機の中は乾燥しているのでマスクをしているだけで湿度が保たれます。

水着

バリ島で水着を購入しようと思ったら、大きなショッピングセンターかホテルのモールになります。

ショッピングセンターまで行くのは面倒だし、ホテルで購入すると割高になるので日本から持参した方がいいですね。

折りたたみ傘

バリ島は晴れていても、急にスコールのような雨が降ることがあります。

持ち運びが簡単な折りたたみ傘がおすすめです。

虫除けスプレー

バリ島は亜熱帯なのでとにかく虫が多い上にサイズもでかいです。

虫よけスプレーは持って行って、着いてすぐふりかけた方がいいです。

ただあまりに虫が強すぎて、日本の虫よけスプレーでは効かない場合もあるので、その時は現地で購入しましょう。

殺虫効果が強い薬もあるので成分は確認してください。

室内履き・スリッパ

バリ島は室内は洋風スタイルなので靴ですごします。

現地の人は裸足でペタペタ歩いてることが多いですけど。

室内履きがあれば飛行機や部屋の中でなにかと便利。折りたためる靴がおすすめです。

懐中電灯

バリ島は夜はかなり暗いので、懐中電灯は持参した方がよいでしょう。

スマートフォンについているライトでもいいのですが、すぐ充電がなくなってしまいます。

バリ島のお店やホテルは、夜は暗い方が高級と考えられてるんですって。なのでどこに行ってもあまり明るくないんです。

ipad

あればipadをもっていくとすごく便利です。

バリ島はリゾート地なので、どこの店やホテルにも、まったりできるスペースが組み込まれています。

Wi-Fiスポットも多いので通信に困りません。

ipadは本を読んだり、観光情報を調べたりするのに最適です。

バリ島に持っていく物や荷物・まとめ

国内なら言葉も通じるし安心感があります。

でも海外となると勝手がちがう上に、治安も日本より悪い国が多くあります。

特にお金に関わること、命に関わることは十分に気をつけて楽しい旅行にしてください。