自分の霊感を簡単にチェックする方法。手相にカバラ数秘術、島田秀平さんの場合

霊感をチェックする方法 オカルト

誰もが一度は、期待を込めて、自分自身の中に超感覚が眠っているのではないか、眠っているとしたら、それを呼び覚ます方法は無いのかと考えたことがあるのではないでしょうか。

山あり谷ありの人生を生き抜いていくにあたっては、少しでも人並み外れた優れた資質が自分に備わっていればと思うもの。

日本は不思議な国です。

年がら年中妖怪の話題があり、夏ともなればテレビ局がこぞってホラー特番を制作して、怪談系のビデオソフトやCS番組が大量に消費されます。

僧侶や神主の仕事の一部は除霊と思われています。

稀有な国・日本では、ファンタスティックな「超能力」よりも「霊感」の方が、日常的で敷居の低い超感覚と言えるかもしれませんね。

霊能力と霊感のちがい。その役割

「霊能力」は「霊感」とは似て非なるもので、厳密には意味にちがいがあります。

ザックリ言えば、「霊能力」は自分の意思で働かせることができる霊力、「霊感」は対象からの働きかけを受け取ることしかできない霊的感覚を指します。

 

本来人間に備わっている視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚を合わせた「五感」に対し、日常的にあらわれる優れた直感力のことを「第六感」と言いますが、「霊感」はほぼ、「第六感」と同じものです。

危険を回避することができる強い勘と生命力、人の考えや状況を瞬時に見抜く観察力、いわゆる幽霊や神仏などを視たり感じたりできる優れた五感と直観力などが、「霊感」の正体と言えるでしょう

霊感は手相に表れる

霊感を持つ人は、それが手相に顕れるといい、たくさんの“霊感相”が知られています。すべてを備える人はもちろん、いくつかを備えていれば、霊感を持つ印と考えられます

 

・仏眼相
親指のひらの第一関節が人間の目の形をしている相。読んで字のごとく、仏が開眼する=霊感や直観を示すとされる

・神秘十字
感情線と知能線(頭脳線)に間、手のひらの中央くらいの位置に、十字(バツではありません)の形があらわれる相。十字の縦線たる運命線を短い横線が貫いている場合が多いが、人によっては複数の十字を持つ場合も。霊的存在や先祖霊による加護を示し、併せて運の強さを示す

・月丘に差し込む知能線
手首の上・小指の下の膨らみ=月丘は、手相において直観力や精神世界を司る。長く、かつ月丘に深く差し込むような知能線は、強い感受性、豊かな想像力とクリエイティビティ、神秘的・霊的なものへの共感と感性を示す

・短い小指
薬指の第一関節より短い小指は霊的な才能を示す。信仰心の強さが小指に顕れるとされる

・ソロモンの環
ソロモン王に由来する、人差し指の根元にあらわれる間接を囲むような太い環。カリスマティックな霊的直観の持ち主であることを示す

・聖職紋
人差し指の付根の膨らみ=木星丘にあらわれる「♯」形の紋。指導者の資質を示し、深い洞察力と利他心を示す

霊感を判断する方法

手相以外にも、霊感の有無を判断する材料はあります。

カバラ数秘術で霊感を判断する

カバラ数秘術では、「あらゆる数字にはすべて意味がある」と考えています。

ルートナンバー(1から9まで)とマスターナンバー(「11」「22」「33」)を運命数と呼び、各運命数に固有の性質や宿命があるとし、人間の生き方・運命などを占います。

人の生年月日は各個人に固有のものであり、運命数は西暦の生年月日であらわされる8つの数字の和を、ルートナンバーかマスターナンバーになるまで桁を足し上げて割り出します。

例:1980 01 02 ⇒ 1+9+8+1+2=21 ⇒2+1=3
例:1980 10 03 ⇒ 1+9+8+1+3=22 ⇒4

特に霊感や直観力があるのは運命数がマスターナンバーである「11」の人といわれています。

マスターナンバーはいわゆるゾロ目で、「11」に限らず運命数にマスターナンバーを持つ場合、特別な才能を持つ人が多いようで、フィギュアスケートの宇野昌磨選手の運命数が「11」、羽生結弦選手は「33」です。

芸人・島田秀平さんの霊感のある人の見分け方

お笑い芸人でありながら手相見の専門家としても活動する島田秀平さんは、霊感のある人に特有の発想について指摘しています。

前日の食事を思い出そうとして浮かんでくるビジョンが食事そのものではなく、食事をしている自分自身の姿だったり、自分の後姿を含めた部屋全体の映像だったりするなら、間違いなく霊感がある、と。

そのように語られていました。

霊感がある人の見分け方・まとめ

霊感とは事物をマクロにとらえながらミクロに感じることができる能力のことかもしれません。

毎日の暮らしを丁寧に営むことこそが、霊的な豊かな人生のヒントなのかもしれませんね。